前へ
次へ

リアルタイムで最新医療技術を駆使することが可能に

無医村や離島でも名医の最新医療技術を駆使した手術を受けることができるようになる時代がやってきた、と、VRの登場によって大きく取り上げられるようになりました。VRが登場したばかりの時には通信環境がまだ進化しておらず、リアルタイムで遠隔地での手術を受けることが難しいといわれていましたが、通信環境の進化によってリアルタイムで最新医療技術を使った手術が可能になる日が近づいています。実際に治療を行うためには、遠隔地でロボットによるアームと、医師の触感を知覚させるためのグローブなどが必要となるため、ある程度の予算が必要です。ただし、最新の医師を呼ぶ人件費やドクターヘリによって病院へ移送する交通費と、最新の機械を導入する維持費などを考えると、機械を導入する維持費のほうが低コストとなるところが少なくありません。特に無医村や離島の場合には、交通費が非常にネックとなることや、患者を移送している間に病状が急変する可能性も指摘されています。そのため、今後無医村や離島で最新の技術を駆使した機械の導入は、必須案件となる可能性が高いです。

Page Top