前へ
次へ

在宅医療をする人が急増しています

高齢化が進んでいるので、様々な対策を取り入れましょう。在宅医療であれば、地域と連携しながら、高齢者の

more

自分の病気も医療機関の役に立ちます

自分自身がとある病気で長く入院した時、少し珍しい病気だったため県から治療のための補助金が出て助かった

more

リアルタイムで最新医療技術を駆使することが可能に

無医村や離島でも名医の最新医療技術を駆使した手術を受けることができるようになる時代がやってきた、と、

more

医療の現場は大変だということを改めて知った

あまり病院のお世話にはなったことがなかったのですが、救急車で運ばれたことがきっかけで医療の現場は大変だな、ということを改めて知ることになりました。まず、勘違いしていたのは救急で運ばれたとしても受け入れが必ずOKではないということです。救急車に乗っているとき、救急隊の方が受け入れ可能な病院があるのかどうかをまず調べるのですが、診療科目などによっては救急指定病院だとしても受け入れることが出来ない場合があるということを知りました。私の場合は夜うっかり自宅で転んで机の角に口をぶつけて傷がぱっくり開いてしまい、止血しても止まらない状態だったので家族が救急車を呼んでくれたのですが、顔の縫合が必要とのことで形成外科を救急隊の方が探してくれてたのですが、市内に受け入れ可能な病院がなくて結局隣の市で夜間形成外科の先生がいる救急病院に運ばれることになりました。色々な連携を取って医療の現場が成り立っているのだな、と改めて感じました。

「咬み合わせ」の重要性とは?

鶴間駅からすぐのつるま歯科医院
健康な歯を残す治療を行う大和市の歯医者です

歯のことでお悩みはありませんか?三軒茶屋ふじい歯科がお話しをお聞きします

Page Top