前へ
次へ

患者の立場から参加する医療行為

病気になったとき、患者は医者に頼るのではなく医者とともに治療を進めていくという気持ちが大切であると思います。医療技術を修めた医師は、普通の人から見ると非常に賢く高い能力を持っているものですがだからと言って患者のすべてを魔法のように把握できるわけではありません。医師は道具や知識を使って医療行為を行いますが、それは患者の言葉を参考にしたうえでの話です。医師にとって医療行為の第一歩は患者とコミュニケーションをとり、症状を聞き取ることです。けがや病気の症状を最も把握しているのは患者自身ですから、治療法の手がかりを患者の言葉から決定して方針を決定します。患者の言葉があまりにもあやふやであったりいい加減であれば、例えどれほど優れた医師であっても正確な治療を行うことは難しいでしょう。患者の中には口下手な人もいらっしゃるので的を射た説明をするのは難しい場合もありますが、「とりあえず診てもらえば医者なら何でも分かってくれるだろう」という考えを患者側が持つのは好ましくありません。患った身体を治療するのは医師であり、患者であるあなたでもあるのです。

Page Top